事務所案内
代表挨拶
実績
業務内容・ご料金
管理組合運営
全般支援業務
(理事会運営、
総会運営等)
 
管理規約・
使用細則等制定・
改定支援業務管理規約
 
管理委託費適正化
支援業務
(管理費削減、
管理会社変更等)
 
大規模修繕
工事支援
講師業務
ネットワーク
M.A.N.KEN
情報
HGML
マンション管理情報
トピックス
(セミナー情報等)
ブログ・想い
管理組合運営・
トラブルQ&A
大規模修繕工事
長期修繕計画
修繕積立金
マンション
標準管理規約他
(規約等を掲載)
マンション
標準管理委託契約書
(標準契約書を掲載)

マンション購入
について
マンションの賃貸売却
について
お墓(霊園)のこと
リンク
連絡先
お問合わせ
営業エリア
関東圏全域に対応
個人情報
 
■お墓(霊園)のこと
お墓の話(永代供養墓について)

高齢化社会の我が国では、いわゆる団塊の世代が75歳以上になる2025年には高齢者人
口は3,657万人に達すると見込まれている、これにともない死亡者数も今後年々増加し
2040年にピークを迎える事が予想されている。(内閣府:高齢社会白書より)
このような社会環境の変化の中、墓地の需要が年々増加しているが、特に首都圏では墓地
の新規開発が困難であることから墓地の供給は十分ではなく、既存墓地の区域内で供給
可能な新しい形のお墓が注目されている。
平成25年8月、東京都が管理している小平霊園の樹林型合葬埋蔵施設の募集抽選会が
行われた、募集数1,600体に対し応募が15,833件あり、倍率9.9倍の結果であった。
この樹林型墓地は、樹木の中に設けられた納骨施設に遺骨を埋蔵する集合墓地である、費
用は1体134,000円で管理料は必要ない。
このようなお墓を永代供養墓というが、特徴としては墓石を個々に立てないため費用が
安く、お墓の管理や供養などを管理者が責任をもってやってくれるお墓であり、年間管理
料は一般的にはかからない。


<永代供養墓の特徴>
1. お墓の供養を墓地の管理者がやってくれる。
  独身者や子供のいない夫婦でも申込みできる。

2. 管理料が契約金に含まれており、お墓の維持管理は管理者が行う。

3. 遺骨の埋葬は、埋蔵施設内で他の遺骨と合葬される。
  遺骨を施設内で土に還す方式と、一定期間経過後に他所へ移す方式がある。

4. 新規の供給がしやすく、利用者の居住地に近い墓地が選べる。

5. 宗旨宗派の制限は受けない。
   お寺の永代供養墓では一部制限を受ける場合がある。

6. 墓石建立の費用がないため、費用は一般墓所に比べ安い、10万から100万程度、埋
  葬形態などにより異なる。公営の場合、費用は安いが抽選による選考がある。


小平霊園の樹林型墓地の申込み内訳では、応募件数の約8割が生前申込みであった。
生前申込みとは、本人が自分用のお墓として生前に申込む方法である。
自分が元気なうちにお墓の準備をしておきたいということであろう、核家族化、少子化
の進行により、子供のいない人や子供にお墓の面倒を掛けたくないなどの理由により永代供
養墓の生前申込みが増えている。

H26年1月 by f.kikui
荻原マンション管理士事務所 〒359-1142 埼玉県所沢市上新井3-7-8
Copyright (C) 2013荻原マンション管理士事務所